腰部脊柱管狭窄症ガイド HOME » 腰部脊柱管狭窄症のきほん知識

腰部脊柱管狭窄症のきほん知識

ここでは、腰部脊柱管狭窄症の基礎知識としてその症状と原因、治療法について解説しています。

腰部脊柱管狭窄症の原因と症状

腰部脊柱管狭窄症の症状として一番特徴的なのは「間欠跛行(かんけつはこう)」です。これは腰を伸ばして立っていたり歩いたりすると下肢に痛みや痺れを生じ、しゃがんで少し休んだりすると楽になり、また歩けるようになる状態をいいます。

腰部脊柱管狭窄症は腰部の脊柱管が狭くなり中の神経が圧迫されることによって起きますが、これが間欠跛行という症状となって表れます。さらに進行して悪化すると排尿障害を起こし、日常生活が辛くなります。

脊柱管が狭くなってしまう原因は生まれつき脊柱管が狭いというケースもありますが、多くは加齢に伴う変化によるものです。椎間板の膨隆や靱帯の肥厚、椎間関節にできた骨棘が神経の通り道を狭くしてしまうのです。

首や腰に負担がかかる動作を続けていたり、長時間前かがみや座りっぱなしの環境にいる人は進行しやすいと言われています。

治療法としては保存的治療と手術治療の2つがありますが、一般的に最初は薬物療法、理学療法、装具療法などの保存的治療が行われます。

保存的治療を数ヶ月続けても効果が無かったり、症状が重篤な場合は手術治療が検討されます。

手術は脊柱管を広げることで神経への圧迫を取り除くことを目的として、椎弓を部分的あるいは全部除去したり、インプラントで腰椎を補強したりします。

腰部脊柱管狭窄症は放置しておくとますます悪化することになるので、症状がある場合は早めに病院で診察することをおすすめします。

腰部脊柱管狭窄症の症状、原因、治療法についてはさらに詳しく解説していますので、症状が気になる、もっと知りたいという方は是非参考にしてください。