脊柱管とは

脊柱管といわれても、いまいちピンと来ない方のために、どのような構造でどういった役割をもった基幹であるのか、分かりやすく解説します。

脊柱管の構造はどうなっているの?

脊柱管は、背骨に囲まれた管のことを指します。背骨は椎骨(ついこつ)と呼ばれる骨が積み重なってできており、それはちょうど真ん中に穴の空いた積み木のようなもの。それぞれを積み重ねることによって、1本の長い棒(=背骨)と真ん中に一本の空洞部(=脊柱管)ができます。

一般的に、頭部から首にかけての頸椎に7個、首から背中にかけての胸椎に12個、腰にかけての腰椎に5個、骨盤の一部となる仙椎に5個、尾骨にあたる尾椎に4個からなる、計33個の積み木(椎骨)が重なり背骨は形成されています。

腰椎部には脊髄に似た馬尾(ばび)と呼ばれる神経組織が通っており、これらの部位が何らかの原因で圧迫されることによって、腰部脊柱管狭窄症が引き起こされます。

脊柱管の役割とは?

人間の体の中でも、もっとも重要な神経組織である脊髄それを守る硬い管が脊柱管になります

脊髄は脳と同様に「中枢神経系」と呼ばれ、脳からの指示を全身に伝達する役割を持っています。中枢神経が何らかの損傷を受けると、体に障害をもたらしてしまうことは、みなさんもご存知ですよね。

脊柱管は、そのような障害から守り、健康な日常生活を送るための重要な役割を担っているのです。

例えるならば、中心部の導体が風雨にさらされないよう、特殊素材のカバーで外側を覆っている「電線ケーブル」。脊柱管の中を通る神経組織である脊髄を、衝撃などから守っています。

しかし、その脊柱管に異変が起こってしまった場合、ダイレクトに神経系へダメージを受けてしまうのは容易に想像できます。

その代表的なものが、脊柱管狭窄症。管が狭くなってしまい、中の脊髄を圧迫している状態になります。傷ついた中枢神経は、腰部の違和感のみならず、足のしびれや歩行障害などを引き起こす原因となるのです。

このように脊柱管は、生命活動の根幹となる中枢神経を守る大切な基幹です。何か異変を感じたら、早急な治療が必要なのです。