村山医療センター

ここでは腰部脊柱管狭窄症の治療を行う村山医療センターの口コミ・評判や特長、治療方針などについて紹介しています。

国立病院機構 村山医療センターの口コミ・評判

  • 首都圏はもちろん、日本全国から整形外科(脊椎外科)の重症患者さんが転院してくる有名な病院のようです。歴史のある病院なので難しいケースでも実績があり、リハビリテーションの点でトップレベルと聞きました。
  • 建物は古いですがリハビリに特化した病院で、スタッフも優しくほんわかした雰囲気があり、先生もゆっくりと話を聞いてくださいます。業務に無駄がなく、ケアもしっかり行なってくれるのでリハビリにはとても良い病院だと思います。
  • リハビリの技術が高く、パラリンピック選手も出しているようです。馬尾腫瘍(粘液乳頭状上衣腫)の診断で他の病院で手術をして、この病院に転院しリハビリを始めました。とても情熱的な先生が多くて安心できます。

整形外科で脊椎・脊髄の専門医療を行いリハビリも充実

村山医療センターは1941年陸軍病院として創設されましたが、その後国立病院となり2004年には国立病院機構の1つとして新たにスタート。

骨・運動器疾患グループのリーダーとして位置づけられています。

診療科には内科や外科もありますが、常勤医師数は整形外科が最も多く、全脊椎・脊髄の疾患、外傷を診療の対象として脊椎・脊髄を専門としている医師が12名います。

頚椎から仙椎まで年間約550件の手術を行なっており、特に脊柱側弯症、結核性脊椎炎、脊髄損傷の治療においては全国でも指導的役割を担っています。

平成22年の手術件数は462件でしたが、そのうち腰部脊柱管狭窄症(分離、すべり症を含む)の手術件数は206件と半数近くを占めています。

腰部脊柱管狭窄症の治療方針は狭窄の程度や場所などにもよりますが、まずは手術以外の治療を試みそれでも改善が乏しい場合には手術を行うという順番になっています。

手術以外の治療としては消炎鎮痛剤の経口、ブロック注射、血流改善薬の経口または点滴投与が行われます。これらの治療で改善がみられず、患者の希望や下肢の運動麻痺や排尿障害などが認められる際に手術が行われます。

専門性の高いチーム医療により積極的に手術を行っていますが、保存的治療をないがしろにせず、保存的治療が無効な例にのみ手術を行うという考えが原則です。

また、リハビリテーション施設が充実しているのも村山医療センターの特長の一つで、リハビリテーション科を設置。回復期リハビリ病棟、脊髄損傷専門病棟、整形外科病棟があり、それぞれ患者に合わせた「オーダーメイド」のリハビリテーションが可能となっています。

基本情報

◆病院名:国立病院機構 村山医療センター
◆所在地:東京都武蔵村山市学園2-37-1
◆診療時間:8:30~11:00
◆休診日:土、日、祝
◆アクセス:西武拝島線、多摩都市モノレール「玉川上水駅」からシャトルバス「村山医療センター」下車