日本大学病院

ここでは、腰部脊柱管狭窄症の治療を行う日本大学病院の口コミ評判やクリニックと治療の特徴などを紹介します。

日本大学病院の口コミ・評判

  • 通院や入院での治療を継続しています。きっかけは、原因が不明だった痛みが「希少疾患」だったことを発見してくれたこと。待ち時間については、予約して受診すればそれほどでもありません。
    予約外で緊急受診する場合には、多少待つことはありますが、それは仕方がないのではないでしょうか。通院・入院であっても医師や看護師、スタッフの方々はみな親切に接してくれます。
  • 近所の病院で紹介状を書いてもらい日本大学病院へ治療を受けることに。症状はだいぶ進行していたようでとても不安でした。しかし、担当医がスピーディーに処置をしてくれたこと、それから説明がていねいでわかりやすかったことがあり私も家族も「がんばろう」と思えるように。病状の説明では、図まで書いてくれるほどわかりやすい説明です。
    とくに担当医から「いっしょに頑張りましょう」と励ましをもらったことに感動。待ち時間は多少長くなることもありますが、それでも治療を受ける価値があると思います。

ドクター情報

長岡 正宏

職位 病院長
専門分野 手外科
疾病認定医 日本整形外科学会専門医
日本手外科学会認定手外科専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医

上井 浩

職位 整形外科センター長
専門分野 脊椎・脊髄外科
疾病認定医 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医

患者さん一人ひとりに合わせた治療を提供

日本大学病院の整形外科・脊椎班では、さまざまな治療法の中から患者に合ったものを提供。保存療法は薬剤を使用するものはもちろんのこと、ブロック療法・運動療法も積極的に採用します。

ほかにも手術療法では、内視鏡下手術から金属による脊椎固定まで対応。患者さんにとって最善の治療法を提案してくれるクリニックです。

日本大学病院 整形外科 脊椎班で治療を行う代表的な疾患

日本大学病院 整形外科 脊椎班で治療を行う代表的な疾患は、以下のものです。

  • 頚椎疾患(頸椎症性脊髄症・神経根症、頚椎椎間板ヘルニア、後縦靱帯骨化症、頚椎後弯症、頚椎外傷疾患など)
  • 胸-腰椎疾患(腰部脊柱管狭窄症、腰椎変性)
  • 分離すべり症、腰椎椎間板ヘルニア、骨粗鬆症性椎体骨折、黄色靭帯骨化症、変性側弯症、後弯症(腰まがり)、脊髄腫瘍、胸腰椎外傷疾患など

椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア注入)を開始

日本大学病院の整形外科・脊椎班では、椎間板内酵素注入療法(ヘルニコア注入)を導入しています。ヘルニコア注入とは、酵素をふくんだ薬剤を椎間板内に直接注入することにより、ヘルニアによる神経の圧迫を弱める施術。保存療法と手術療法の中間にある治療で、今までの治療で効果が得られなかった方や長期入院が難しい方などにおすすめです。

基本情報

◆病院名:日本大学病院
◆所在地:東京都千代田区神田駿河台1-6
◆診療時間:8:00~11:00、13:00~15:00(初診)
◆休診日:土曜日午後、日曜日・祝日、10月4日(日本大学創立記念日)、
12月30日〜1月3日(年末年始)
◆アクセス:JR線「御茶ノ水駅」から徒歩3分

腰部脊柱管狭窄症治療の名医がいる病院5選>>