総合東京病院

ここでは腰部脊柱管狭窄症の名医がいることで知られる総合東京病院の口コミ・評判や特長、治療方針などについて紹介しています。

総合東京病院の口コミ・評判

  • 数年前にリニューアルした病院なのでキレイです。検査はスムーズに行われ、看護師さんの対応もよかったので、いい印象でした。
  • 初めて行く病院だったので不安でしたがドクターの言葉や態度もとてもソフトなので安心して治療を受けることができました。
  • 夜間救急でお世話になりました。電話の時点から丁寧な対応で、警備員の方から先生、看護師さんまでとても親切でした。また緊急の際は連絡してみようと思います。

脊椎脊髄センターを設置し専門医が外来診療

総合東京病院は中野区江古田にある総合病院です。前身は中野区や練馬区の中核的病院として役割を果たしてきた慈生会病院で、2010年に「南東北グループ医療法人財団健貢会 総合東京病院」としてリニューアルしました。

2014年9月には93床増床し343床となり、増床に伴い新病棟を開設することも決まっています。最終的には500床規模への拡張を目指し、段階的に規模を大きくしていく予定となっています。

総合病院なので一般外来として内科、外科、脳神経外科、整形外科、眼科、皮膚科、婦人科、泌尿器科など幅広い診療科目があるのはもちろんですが、その他に専門外来が設置されており、その中に脊椎脊髄センターがあります。

脊椎脊髄センターは2011年8月に開設。脊髄外科専門医が毎週土曜日脊椎脊髄疾患に対する外来診療を担当しています。また、日本脊髄外科学会の訓練施設として認定され、脊髄外科医育成のための基幹病院にもなっています。

脊椎・脊髄疾患は保存的治療に重点を置いているため、腰部脊柱管狭窄症においても鎮痛剤、コルセット着用、神経ブロック療法などから治療が開始されます。保存的治療が無効な場合に手術が考慮されるという治療方針です。

基本的手術は開窓術で、強い不安定性がある場合に初めて腰椎椎体間固定および椎弓根スクリュー固定の手術が行われます。

2012年4月~2013年3月の脊柱管狭窄症の治療実績(手術)は59件でしたが、今後は病床数も増え、中野区の医療機関で初となるPET-CTなど最新の医療機器の導入も進められているので、治療実績数は増えていくことが予想されます。

基本情報

◆病院名:医療法人財団 健貢会 総合東京病院
◆所在地:東京都中野区江古田3-15-2
◆診療時間:8:00~11:30、12:30~15:00
◆休診日:日、祝日、年末年始
◆アクセス:西武新宿線「沼袋駅」から徒歩10分