東京腰痛クリニック

ここでは腰部脊柱管狭窄症の治療を行う東京腰痛クリニックの特長、治療方針などについて紹介しています。

東京腰痛クリニックの口コミ・評判

口コミは見つかりませんでした。

脊椎手術件数トップクラスの愛知医院の東京分院

東京腰痛クリニックは愛知県で16年の業歴を持つ「伊藤整形・内科 あいち腰痛オペクリニック」の東京分院です。

あいち腰痛オペクリニックは脊椎手術件数は年間約1,300件、腰椎椎間板ヘルニア手術件数では日本一を誇る脊椎専門医療機関です。

以前は関東地区の患者が治療を受ける場合は、愛知本院に何回も足を運ばなければなりませんでしたが、東京腰痛クリニックが開設されてからは愛知に行くのは入院手術の1回のみで済むようになりました。

東京腰痛クリニックでは初診、他院の受診歴がある、手術を希望している場合には最初に「脊椎ドック」を受けることになります。

脊椎ドックを診療の入り口として腰痛、首痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など脊椎に関わる疾患全般の診断から治療まで行うシステムとなっているからです。

レントゲン検査はもちろん、MRI、CT、低被曝FPDといった最新鋭の医療機器が揃っているため、正確な診断の上、適切な治療法の提案が可能です。

治療については一般的な保険診療で行う保存治療の他に、各種最小侵襲手術、K点治療、PRP療法など、一般病院では行われていない最新の治療法を受けることができます。但し、最新治療については自由診療(自費診療)となります。

日帰りで可能な内視鏡脊椎手術などは東京で受けることができますが、脊椎ドックを受けて椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、脊椎圧迫骨折などの手術が必要と判断された場合は、あいち腰痛オペクリニックでの手術が手配されます。

腰部脊柱管狭窄症では内視鏡下脊柱管拡大術、棘突起間拡大術、仙骨鏡視下神経癒着剥離術などの手術が行われますが、いずれも1泊以上の入院が必要になるため、愛知本院での手術が基本になります。

手術に必要な検査、手術日程の調整、術後のフォローアップなどは東京で行うため、愛知では手術と入院のみとなります。

なお、JR名古屋駅から愛知本院までの移動にはタクシー送迎サービスが用意されるので、歩くのが辛いといった症状がある場合でも安心です。

基本情報

◆病院名:東京腰痛クリニック
◆所在地:東京都中央区銀座5-1-15 第一御幸ビル2F・3F
◆診療時間:9:00~13:00、14:00~17:00
◆休診日:月、日、祝日
◆アクセス:JR「有楽町駅」から徒歩5分