骨粗鬆症

ここでは、骨粗鬆症の原因や症状、治療法などについて解説します。寝たきりのきっかけにもなる、恐ろしい病気です。

骨粗鬆症の症状と原因

骨粗鬆症は、骨がスカスカになる病気、などとよく言われますが、まさにそのとおりです。
骨密度が低下し、骨本来の硬さが失われるため、軽い衝撃でも骨折を起こしやすくなります。

骨粗鬆症自体は、これといって痛みを感じるなどの症状があるわけではありません。本人の自覚がないうちに病状が進行し、ケガや身体機能の低下を引き起こすケースが多いため、早期発見・早期治療が大切とされています。
特に注意したいのは転倒です。転んだだけなのに重篤な骨折を起こし、それがきっかけで寝たきりになる人もいます。

骨折の起こりやすい部位は、大腿骨(太もも)と脊椎(背骨)です。脊椎では、主に腰椎(腰)の骨折が多く見られます。いずれの骨も体の根幹をなす部分です。特に腰は体の要とも呼ばれ、骨折によって寝たきりとなる可能性が非常に高い箇所でもあります。
また、密度の小さくなった骨が自らの体重によって縮み、身長が低くなったり、腰が曲がったりといった症状が現れます。

進行が遅く気付きにくい上、単なる老化現象と思いがちですが、少しでも気になることがあれば、早めの受診を心がけましょう。

骨粗鬆症の原因は、大きく分けて3つあります。1つ目は加齢、2つ目は薬物、3つ目は閉経です。加齢による骨粗鬆症は「原発性骨粗鬆症」と呼ばれ、骨粗鬆症のほとんどがこのタイプに属します。薬物による骨粗鬆症は「続発性骨粗鬆症」と呼ばれ、何らかの病気の治療のために服用した薬が原因となり発症します。

さらに、女性においては閉経によるホルモンバランスの崩れから骨粗鬆症を発症するケースが多く見られます。

診断法と治療法

骨粗鬆症にはいくつかの診断方法があります。中でもよく知られているのが骨密度測定法です。DXA(デキサ)法、超音波法、MD法と呼ばれる3種類の方法により、骨密度を測定します。
また、レントゲン検査血液検査で補助的に骨粗鬆症の判定をします。

なお、骨密度検査によって、80%以上の場合は正常70~80%の場合は要注意70%以下の場合は骨粗鬆症と診断されます。

治療方法としては、本格的な薬物投与の前に、まず生活習慣の見直しを行います。加齢や閉経だけではなく、食事習慣、運動習慣が、骨粗鬆症の発症に深く影響しているためです。
その上で、ビタミン剤、ホルモン剤などの薬物を利用して、骨密度を高めていく治療を実施します。