腰部脊柱管狭窄症ガイド HOME » 知っておきたい腰部脊柱管狭窄症の手術のこと

知っておきたい腰部脊柱管狭窄症の手術のこと

ここでは、腰部脊柱管狭窄症の手術に関連する情報についてまとめて紹介しています。

腰部脊柱管狭窄症で手術が必要とされるケース

腰部脊柱管狭窄症の治療では保存的治療を数ヶ月続けても効果が認められない場合は手術が検討されます。腰部脊柱管狭窄症は脊柱管が狭くなって神経を圧迫することが原因ですが、保存的治療だけでは限界があることも確かです。

手術治療は狭くなった脊柱管を広げ神経への圧迫を取り除くことが目的となりますので、根本的な治療が期待できます。但し、手術にはリスクが伴い合併症は起こる可能性がゼロとは言えません。

できるだけ手術のリスクを回避して、しっかり治すためには良い医師に巡り合えるかどうかが重要なポイントになります。そのためには実績や口コミなどを参考にして慎重に病院選びをすることが必要です。

また、手術をする場合にはそれなりの費用が必要になります。手術にはいくつかの種類がありますが、神経の周辺を触る手術になるため高度な技術が必要になり、そのため手術費用も決して安いとは言えません。

手術を受ける際には手術費用だけでなく入院費用や退院後のことも考え、ある程度余裕をもって臨むことが必要です。

腰部脊柱管狭窄症の手術はだいたい2週間程度で退院できますが、術後のリハビリについてもしっかり知っておくことが大切です。

せっかく手術を行なっても、以前と同じ生活サイクルのままでは再発の可能性もあるため、筋力トレーニングなどをしっかり行なって、下肢の筋力や全身持久力を回復させてリハビリに努めるようにします。

腰部脊柱管狭窄症の手術のメリット・デメリット、手術方法と費用目安、術後のリハビリについてはさらに詳しく解説していますので、手術を検討されている方は参考にしていただければ幸いです。