手術の目的とは

ここでは腰部脊柱管狭窄症の手術のメリット・デメリット(リスク)について紹介。また、名医とはどのようなドクターを指すのかを解説しています。

腰部脊柱管狭窄症で手術を行うメリット・デメリット

  • メリット

腰部脊柱管狭窄症の治療には保存的治療と手術治療の2つがあります。一般的にはいきなり手術を行うといったケースは少なく、最初は保存的治療から始めます。

腰部脊柱管狭窄症は脊柱管が狭くなり、神経を圧迫することが原因ですので脊柱管を広げることが最善の治療となりますが、保存的治療ではこれにアプローチできません。

いっぽう手術治療は狭くなった脊柱管を広げることで神経への圧迫を取り除く(除圧)が目的ですので、根本的な原因を取り除くことができるというメリットがあります。

狭窄が発生している部位周辺の骨を削ったり、肥厚靭帯を取り除いたりすることで神経への圧迫を取り除くことになりますので、高い技術力が要求されることになります。

  • デメリット(リスク)

薬に副作用があるように、手術を行う場合にもリスクは伴います。全く危険がない手術はないと言ってよいでしょう。

下肢の痛みや腰痛、軽度の下肢筋力低下については、一気に解消されなくても手術によって治りやすい症状ですが、痺れや麻痺については残ってしまう場合があります。

最善の治療を施したとしても避けることができない合併症は起こる可能性があります。手術を行う際は腰部脊柱管狭窄症に限らず、自身の状態や麻酔の影響、合併症などについて事前に医師とよく話し合うことが重要です。

腰部脊柱管狭窄症の名医とは?

腰部脊柱管狭窄症の手術は神経付近を触ることになるため、高い技術を要します。したがって手術を受ける場合は、どこでもよいわけではなく病院選びが重要なポイントになります。

きちんと治るか治らないかは良い医師に巡り合えるかどうかにかかっているといっても過言ではありません。腰部脊柱管狭窄症は通常は整形外科で診察を受けることになりますが、経験が問われる繊細な部位の疾患ですので、良い医師を探す事が治療の第一歩です。

医師には腰部脊柱管狭窄症に対して十分な治療実績を持っていることが要求されます。脊椎専門医で十分な手術経験を持っている医師に診てもらえるなら安心です。

また手術経験だけではなく、手術をしないで痛みを軽減させる治療法に詳しいことも名医の技量と言えるでしょう。

その他、腰部脊柱管狭窄症の治療では、カイロプラクティックなどの代替医療を検討する方も多くいます。ただし、中には医学的知識を持たずに行っているところがあるので注意が必要です。

代替医療に限らず、病院選びをする際は資格や肩書きだけで判断せずに、今までの治療実績や治療経験者の評価や口コミなどを参考にするとよいでしょう。

また、腰部脊柱管狭窄症について医学的、解剖学的根拠からわかりやすく説明してくれるかということも判断基準の一つとなります。