術後のリハビリ

ここでは腰部脊柱管狭窄症手術後の経過や完治するまでに行うリハビリについて解説しています。

腰部脊柱管狭窄症の術後経過からリハビリ・退院まで

腰部脊柱管狭窄症で手術をした場合、術後はまずコルセットを装着して主治医の許可があるまで安静にします。脊椎固定術を行った場合は、骨癒合するまで硬い材質のコルセットを装着。

術後翌日から理学療法士によるリハビリを開始します。リハビリの目的は脊柱管が圧迫されている部分以外の体幹・下肢の筋力や全身持久力を回復させ、自立した日常生活を取り戻し社会復帰することです。

最初は身体の状態や痛みなどを確認しながらベッドでの起き上がり練習や立ち上がり練習を行います。症状の程度によって異なりますが、早ければ翌日くらいから歩く練習を始めます。

手術方法にもよりますが、ほとんどの場合、2週間後くらいには退院となります。但し、術後に腰部脊柱管狭窄症の痛みが出た場合には入院期間を延長する場合もあります。

退院してから注意したいこと

退院してからは外来での治療を行います。1ヶ月、3ヶ月、半年、1年の時点で、神経症状がないか確認をし、レントゲン撮影をして患部をチェックします。

せっかく手術を行なっても、以前と同じ生活サイクルを続けていると再発する可能性があるため、生活の仕方は変える必要があります。

筋肉トレーニングのリハビリを取り入れると腰椎が安定し、脊柱管狭窄症の再発を防ぐことにもつながります。ストレッチや体操、ヨガや水泳などを日課として毎日少しずつでも続けていくことが大切です。

鍼灸や整体などに通う人も多いようですが、知識のない治療院では腰部脊柱管狭窄症が悪化してしまったというケースもありますので注意が必要です。

コルセットは1ヶ月程度はしなければなりませんが、いつまでもコルセットに頼っていると腰回りを支えている筋力が弱ってきますので、定期的に外してストレッチをすることも必要です。

痛みが引いてきたらコルセットを外す頻度をできるだけ増やして、コルセットなしでも日常生活ができるようになることを目指します。

リハビリのメニューに関しては病院によって変わりますが、ストレッチや筋力トレーニングなどを状態を見ながら進めていくかたちになります。3ヶ月から半年くらい続けるとかなりいい状態になるようです。